頬骨の整形をして理想の顔を手に入れる

やれることは全てやった

頬骨 整形輪郭の美容整形

女は小顔でないとモテないやれることは全てやった整形手術でしか小顔になれない

方法はガムやタブレットなどを奥歯に当てて、それを5分間噛まないようにするだけという非常にシンプルな方法です。
これを毎日行うと、表情の力が抜けてきつかった印象の顔に丸みが出てきました。
また常に眼精疲労や偏頭痛に悩まされていた症状も改善されて一石二鳥です。
このトレーニングは最初はしんどく感じてしまいますが、毎日やっていると慣れてきてしんどくなくなってきます。
そして意識しなくても噛みしめる力が抜けて行くのが実感できるようになりました。
このトレーニングの他にもストローを八重歯と舌先で挟んで、水平に保つようにしておきます。
歯でストローを噛まないように注意しながら唇を閉じます。
唇を閉じている間に奥歯で噛み締めてしまわないように意識して、5分間キープするトレーニングも行いました。
これをする事で唇の形も同時に整える事ができるので、締まりがなくだらしない唇でも悩んでいたので、同時に改善する事が出来ました。
どちらのトレーニングも自分のペースで、気がついた時に手軽に行える方法だったため、毎日継続してやる事が出来ました。
これを継続する事で周りからはきつい顔立ちということを言われなくなったのですが、若干の頬骨の出っ張りは残ったままで気になっていました。